高級感のあるロゴデザインの作り方|作成のコツと事例

ロゴを作成する際に「高級感のあるロゴ」にしたいという場合もあるでしょう。ところで、「高級感のあるロゴ」とはどんなロゴデザインなのでしょうか。

今回は、高級感のあるロゴの作り方と事例を紹介します。ロゴ作成をご検討の際にぜひ参考にしてください。

目次

  1. なぜ高級感のあるロゴを作りたいのか?
  2. 高級感のあるロゴを作るためのポイント5つ
  3. 1.ターゲット層を明確にする
  4. 2.どんなロゴなら高級感が表現できるか考える
  5. 3.ロゴタイプは「明朝(セリフ)体」ベースがおすすめ
  6. 4.文字もマークも「細く」した方が高級感を演出し易い
  7. 5.ロゴに入れる要素は少なくする
  8. 高級感のあるロゴの作成を依頼するときのポイント

なぜ高級感のあるロゴを作りたいのか?

まず「ロゴ」とは、企業名や商品名をデザインしたロゴタイプに、象徴的なシンボルを足して、ひとつのマークとしてビジュアル化したものです。

文字とマークが組み合わさったパターンのロゴの場合、マークの部分を『ロゴマーク(logomark)』、文字の部分を『ロゴタイプ(logotype)』と呼び、ロゴマークとロゴタイプが組み合わさった全体を『ロゴ(logo)』と呼びます。

ロゴ(LOGO)とは より

企業なら名刺、お店なら看板、商品ならラベルなど、最初に目に入る情報です。「ロゴ」から受ける印象は、その後のイメージを大きく左右します。

「ロゴ」は、会社やお店にとって、ブランドイメージを作り上げていくための「旗印」となります。「高級感のあるロゴ」は価格への納得感を生んだり、手にしたときの特別感を演出したりと、さまざまな効果が期待を生み出すため、とても重要です。

ロゴに高級感を求める理由は、その会社・店舗・商品などのコンセプトにあるでしょう。

例えば、富裕層といった経済力のあるお客様がターゲットなのであれば、ロゴにも高級感が欲しくなりますし、落ち着いた年代の女性がターゲットであれば、親しみのなかにも気品が感じられるロゴが良いかもしれません。

逆に、リーズナブルが売りの商品であれば、ロゴに求めるイメージは「高級感<親しみやすさ」となります。

高級感 ロゴ 作成

高級感のあるロゴを作るためのポイント5つ

では、高級感のあるロゴを作るためのポイントを5つ紹介します。

1.ターゲット層を明確にする

ロゴは会社やお店の顔となるものです。自分の好みだけではなく、まずは、高級感のあるロゴにしたい理由を明確にさせましょう。そのためには、訴求したいターゲット層を明確にする必要があります。

ひとえに「高級感」と言っても、人それぞれイメージしているものは異なってきます。金色のキラキラしたものを高級だと感じるひともいれば、逆に過度な演出だと感じる人もいます。重要なのは自分たちのロゴデザインが、どこに向けられたものなのか(=ターゲット層はどこなのか)を考えることからはじめることです。

たとえば60歳以上の落ち着いた男女をターゲットにした場合、金色や原色の派手なものよりも、和を感じる色合いが高級かもしれません。でも、10代をターゲットにするなら、和の色合いは渋すぎてかっこ悪いと思われるかもしれません。

まずは、自分たちの考える「高級感」、そして届けたいターゲットが求める「高級感」とは何であるかを整理していくと良いでしょう。そうすることで、どんな高級感をロゴに持たせたら良いのかが明確になってきます

ロゴ 作成 高級感

2.どんなロゴなら高級感が表現できるか考える

ロゴをはじめとするデザインは、視覚に訴えるものです。そのため、どんなに頭のなかで考えても、「自分が想像するロゴ」=「他の人が想像するロゴ」になるとは限りません。

「とにかく高級感のあるロゴを作ってほしい」とオーダーするより、「こんな感じの高級感をロゴで表現したい」「このロゴのイメージは自分たちが理想とする高級感に近い」というような具体例を交えてオーダーした方が、より良いロゴが出来上がります。

そのためには、ロゴ作成会社の実績デザインなどを参考にすると良いでしょう。いまいちイメージがわいてこない場合でも、さまざまな高級感あるロゴを見ていくうちに、だんだんと方向性が決まってくるケースも多くあります。

LOGO市|高級感のあるロゴデザイン実績

◆LOGO市なら様々なロゴの提案が可能です

ロゴ作成会社のLOGO市は、ロゴデザイン業界で10年以上続く老舗として、累計12000社以上のロゴを手がけてきました。もちろん「高級感あるロゴ」の作成経験も豊富です。「自分たちがロゴに一番なにを求めているのか?」ということに迷ったとしても、LOGO市なら専属のディレクターがヒアリングしますので、ご相談していただきながらロゴ作成を進めることができます。

また、人気No.1のロゴデザインプランは、提案されたロゴを見てから決めることができるお客様にリスクのない安心システムを採用。

長年の経験で培ったロゴ作成のノウハウと一流のロゴデザイナーによって、あなたが今必要としているロゴデザインを、あなたが思う以上のクオリティでご提案いたします。

LOGO市なら理想のロゴが59000円。お申し込みはこちら
 

3.ロゴタイプは「明朝(セリフ)体」ベースがおすすめ

ロゴに求める高級感の方向性にもよりますが、一般的には、ロゴタイプ(文字の部分)は「明朝(セリフ)体」をベースにデザインすると、ロゴに高級感が出やすくなります。

伝統的でクラシックなものには明朝体が多く使われており、高級感を演出したデザインで明朝体が頻繁に用いられていることから、明朝体を「高級だ」と感じやすくなっているからです。

高級感のあるロゴデザインのコツ

東京都 GLANNIR様

たとえばこちらのロゴタイプは明朝体を使っています。そのため、ゆったりと落ち着いた雰囲気で、ラグジュアリーな高級感を感じさせるロゴになっています。

4.文字もマークも「細く」した方が高級感を演出し易い

ちなみに、ロゴタイプに明朝体ではなく「ゴシック(サンセリフ)体」を使ったからといって高級感がなくなるわけではありません。ゴシック体で高級感を出すコツは「細く」することです。

ゴシック体で高級感

東京都 ココデンタルクリニック様

こちらのロゴタイプ部分は「ゴシック(サンセリフ)体」をベースにデザインされていますが、洗練された高級感があります。理由は「線が細い」からです。

デザインを始めたばかりの頃、インパクトを求めて太字でデザインする人が少なくありません。「線の細さ=頼りない」と考えて不安になるのでしょう。それは大きな間違いです。むしろ「細さ」には洗練された美しさがあります。

ロゴマークに使う線も、細くすることを意識してみましょう。美しくエレガントで高級感のあるロゴが作れます。

高級なロゴデザイン

神奈川県 【マインドフルネス×整体】ダイエット専門サロン B.G様

5.ロゴに入れる要素は少なくする

高級感あるロゴを作る

高級感を演出する上で、「デザインの構成要素を少なくする」ことは有効です。

料理にたとえるとわかりやすいでしょう。皿いっぱいに大盛りで盛られたものより、控えめに美しく盛られたものは、洗練さを感じさせます。ロゴを作成するときも同じです。

要素をできる限り減らして、必要なものだけで構成し、シンプルに余白を作ることで、ロゴに高級感が生まれます。

高級感のあるロゴデザインのコツ

大阪府 EMBRACE様

こちらのロゴはとてもシンプルなデザインで、色使いも1色と洗練されたものに仕上がっています。見た瞬間の高級さ、どんなデザインにもマッチしやすいロゴ、そして大きな余白でも負けない力強さがあります。

高級感のあるデザインを作る際に「余白」を活かしたデザインにすることはめずらしくありません。それはロゴにも言えます。

シンプルで要素を極力少なくしたものは、どんなデザインにも馴染みやすく、相乗効果でさらなる高級さが生まれます。高級ブランドのロゴの多くは、こうしたシンプルで少なめの要素で構成されていますよね。

高級感のあるロゴの作成を依頼するときのポイント

高級感のあるロゴを作るためのポイントやコツを紹介してきました。さて、いよいよデザイナーにロゴを発注するとなった時、どういったことに注意すればよいのでしょうか?

ロゴを発注する時、事前に用意しておくとスムーズなのが、事業内容や創業理念、届けたいメッセージといった、イメージを言語化したものです。ターゲット層についてまとめた情報も用意しておきましょう。

さらに「会社のイメージカラーは青」といった色の指示や、「このロゴのイメージと同じ方向性の高級感がほしい」など、ある程度具体的な希望があると、より自分たちが理想とするロゴが作れます。

プロのデザイナーは、経営理念や事業内容、ターゲットなどのコンセプトをしっかり理解した上で、デザインを仕上げます。ロゴ単体だけではなく、その後の使用用途なども踏まえて高級感を演出しようと考えるのです。

ロゴ単体のパッと見の豪華さだけを求めると、看板にしたとき、商品に配置した時に、かえってチープになることもあります。そういったトータルを考えながらロゴを提案してもらうため、事前にどういったシーンで使うのかといった情報も共有しておくとよいでしょう。

LOGO市では、お客様の理想のロゴを提案するため、専用のお申し込みフォームをご用意しています。参考:LOGO市でロゴ作成を申し込む

また、人気No.1のロゴデザインプランは、提案されたロゴを見てから決めることができるお客様にリスクのない安心システムを採用。ロゴ作成の際は、ぜひLOGO市にご相談ください。

必要に応じて選べる3つのオリジナルロゴ作成プラン

長年の運営経験から生まれたオリジナルプランの中から、お客様の状況に応じてお選びいただくことが可能です。

ロゴデザインプラン

  • 2案提案
  • 59,000
  • ご提案 約1週間後
  • キャンセル可能

筆文字ロゴ
デザインプラン

  • 2案提案
  • 69,000
  • ご提案 約1週間後
  • 料金先払い

キャラクター
デザインプラン

  • 2案提案
  • 79,000円~
  • ご提案 約10営業日後
  • 料金先払い

関連記事

  1. ロゴについて知ろう!「得する」ロゴの作り方

    何かをスタートさせる時、そろそろステップアップしたい時、はたまたリニューアルの時&hellip...

  2. さわやかなロゴの色味

    ロゴデザインを「さわやか」にする3つのコツと事例集

    会社設立や新商品開発など、何かの“立ち上げ”の際には、ブランドイメージ...

  3. かわいいロゴデザイン作成方法と事例集

    かわいいロゴの作り方!デザイン作成のコツと事例

    起業や開業、新サービスのリリースなどでロゴを作成する際、コンセプトによって「かわいいロゴ」を作...

ロゴデザイン実績速報

掲載許可をいただいたロゴの中から厳選してご紹介!

L4443

2021.10.22

Solid様、ロゴ作成ありがとうございました!

L4442

2021.10.21

エクリュ株式会社様、ロゴ作成ありがとうございました!

L4438

2021.10.20

キートスプラン株式会社様、ロゴ作成ありがとうございました!

L4439

2021.10.20

株式会社近江鉱産様、ロゴ作成ありがとうございました!

L4440

2021.10.20

GROWUP Co., Ltd様、ロゴ作成ありがとうございました!

L4441

2021.10.20

CLOUD IT様、ロゴ作成ありがとうございました!

実績一覧を見る

お電話でのご相談ご依頼もOK!