ロゴの“高級感”を決める「3つ」のルールと事例集

会社設立や店舗リニューアルに向けてロゴの作成で「高級感のあるロゴ」にしたいと思ったら、どのようにデザインすればよいのでしょうか? 洗練されたラグジュアリーな「高級感のあるロゴ」のデザインのコツをまとめました。

目次

  1. 「ロゴ」に高級感を求める理由は?
  2. 「高級感のある」ロゴデザインとは?
  3. ロゴの“高級感”を決める「3つ」のルール
  4. 1.ロゴタイプは「明朝体」をベースに
  5. 2.文字もマークも「細く」する
  6. 3.それぞれの要素を「少なく」する

「ロゴ」に高級感を求める理由は?

そもそも「ロゴ」とは、企業名や商品名をデザインしたロゴタイプに、象徴的なシンボルを足して、ひとつのマークとしてビジュアル化したものです。企業なら名刺、お店なら看板、商品ならラベルなど、最初に目に入る情報です。そこから受ける印象は、その後のイメージを大きく左右します。

「ロゴ」は、会社やお店にとって、ブランドイメージを作り上げていくための「旗印」となります。「高級感のあるロゴ」は価格への納得感を生んだり、手にしたときの特別感を演出したりと、さまざまな効果が期待を生み出すため、とても重要です。

【参考】ロゴ(LOGO)とは

「高級感のある」ロゴデザインとは?

具体的な「高級感のある」ロゴデザインの作成方法について紹介していきましょう。ひとえに「高級感」と言っても、人それぞれイメージしているものが違うことは珍しくありません。まずは自分たちの考える「高級感」とは何であるのかを整理していくと良いでしょう。

高級ブランドロゴデザイン

「チープ」なデザインは否?

「高級感」の対義にあるのが「チープ」です。日本語にすれば「安っぽい」といった言葉になりますが、デザインとしての「チープ」さが求められるケースも少なくありません。

たとえばレトロ感を出したい場合、「ピクセルアート」と呼ばれる昔のコンピューターゲーム風のデザインをあしらって、あえてチープにすることもあります。一方でシンプルな罫線や伝統的なロゴタイプを使い、落ち着いた色合いに仕上げたレトロ感は、高級なイメージになります。実は自分たちの求めるデザインは「レトロ感」であって「高級感」ではなかった場合もあるのです。

こうした混乱を招かないためにも、まず自分たちがロゴデザインに求めているものが何であるかを、言葉にして書き出していくとよいでしょう。そして、優先順位をつけていくのです。そうすることで、デザインに対するアプローチも変わってきます。

その結果、「高級感」の優先順位が高いのであれば、このあと紹介するコツはお役に立つかもしれません。

漫画風 Thin

ロゴの“高級感”を決める「3つ」のルール

1.ロゴタイプは「明朝体」をベースに

ロゴタイプは「明朝(セリフ)体」をベースにデザインすると、ロゴに高級感が出やすいです。伝統的でクラシックなものには明朝体が多く使われており、「高級さ」を演出したデザインで明朝体が頻繁に用いられていることから、我々は明朝体に「高級だ」と感じやすくなっているからです。

高級なロゴデザインのコツ

東京都 GLANNIR様

たとえばこちらのロゴタイプは明朝体を使っています。そのため、ゆったりと落ち着いた雰囲気で、ラグジュアリーさを感じさせるデザインになっています。

2.文字もマークも「細く」する

ロゴタイプに明朝体ではなく「ゴシック(サンセリフ)体」を使ったからといって高級感がなくなるわけではありません。ゴシック体で高級感を出すコツは「細く」することです。

ゴシック体で高級感

東京都 ココデンタルクリニック様

こちらのロゴタイプ部分は「ゴシック(サンセリフ)体」をベースにデザインされていますが、洗練された高級感があります。理由は「線が細い」からです。

デザインを始めたばかりの頃、インパクトを求めて太字でデザインする人が少なくありません。線の細さ=頼りないと考えて不安になるのでしょう。それは大きな間違いです。むしろ「細さ」には洗練された美しさがあります。

ロゴマークに使う線も、細くすることを意識してみましょう。美しくエレガントな雰囲気に仕上がります。

高級なロゴデザイン

神奈川県 【マインドフルネス×整体】ダイエット専門サロン B.G様

3.それぞれの要素を「少なく」する

高級なコース料理

高級感を演出する上で、デザインの構成要素を少なくすることは有効です。料理にたとえるとわかりやすいでしょう。皿いっぱいに大盛りで盛られたものより、控えめに美しく盛られたものは、洗練さを感じさせます。ロゴデザインも同じです。

要素をできる限り減らして、必要なものだけで構成し、シンプルに余白を作ることで高級感を生み出すのです。

チープではないデザインロゴ

大阪府 EMBRACE様

こちらのロゴはとてもシンプルなデザインで、色使いも1色と洗練されたものに仕上がっています。見た瞬間の高級さ、どんなデザインにもマッチしやすいデザイン、そして大きな余白でも負けない力強さがあります。

高級なデザインをする際に「余白」を活かしたデザインにすることはめずらしくありません。シンプルで要素を極力少なくしたものは、どんなデザインにも馴染みやすく、相乗効果でさらなる高級さが生まれます。高級ブランドのロゴの多くは、こうしたシンプルで少なめの要素で構成されていますよね。

高級感のあるロゴをデザインしよう

チープではない、高級感のあるロゴデザインのコツを紹介してきましたが、ロゴをデザインする際には、なによりも事業内容を象徴するものや、あるいは創業理念や創業者といった「ストーリーを感じさせるもの」からイメージしてデザインするとよいでしょう。デザインへのアプローチもできるだけシンプルにしていくことで、よりエレガントで美しいデザインが生まれやすいです。

ロゴデザインを外注する

外注も内製も基本は同じ

起業や店舗リニューアルの際、ロゴを自分でデザインするのではなく、デザイン事務所やフリーランスの個人デザイナーへ発注する人も少なくないでしょう。

プロのデザイナーの良い点は、経営理念や事業内容、ターゲットなどのコンセプトをしっかり理解した上で、デザインを仕上げてくれることです。ロゴ単体だけではなく、その後の使用用途なども踏まえた、高級感のあるデザインに仕上げてくれます。

依頼するときは、ロゴに込めたい理念やモチーフ、ストーリーといったものを伝えるとともに、デザイナーからの客観的な意見も聞きつつ、一緒になって作り上げていくという姿勢で進めましょう。

こうしたアプローチの仕方は、自分でデザインする場合も同じです。自分をクライアントだと思い、第三者的な視点でデザインについて要望やアイデアをまとめて、整理していくことが大切です。

 

必要に応じて選べる3つのオリジナルロゴ作成プラン

長年の運営経験から生まれたオリジナルプランの中から、お客様の状況に応じてお選びいただくことが可能です。

ロゴデザインプラン

  • 2案提案
  • 59,000
  • ご提案 約1週間後
  • キャンセル可能

筆文字ロゴ
デザインプラン

  • 2案提案
  • 69,000
  • ご提案 約1週間後
  • 料金先払い

キャラクター
デザインプラン

  • 2案提案
  • 79,000円~
  • ご提案 約10営業日後
  • 料金先払い

関連記事

  1. さわやかなロゴの色味

    ロゴデザインを「さわやか」にする3つのコツと事例集

    会社設立や新商品開発など、何かの“立ち上げ”の際には、ブランドイメージ...

  2. かわいいロゴデザイン作成方法と事例集

    かわいいロゴデザインを作りたい!作成のコツと事例

    会社設立で新たな「ロゴ」を作成する際、具体的にどのようにデザインを行っていけばよいのでしょうか...

  3. ブランドのロゴを作るなら抑えたいポイント!事例もご紹介!

    ブランドのロゴを作るなら抑えたいポイント!事例もご紹介!

    ロゴは、自社のブランドをアピールするのに効果的な手段です。ロゴが魅力的であれば、消費者に自社の...

ロゴデザイン実績速報

掲載許可をいただいたロゴの中から厳選してご紹介!

L3755

2020.09.25

カーズコレクション様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3756

2020.09.25

西畑工業様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3751

2020.09.24

株式会社ウイック保険サービス様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3752

2020.09.24

株式会社地仙様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3753

2020.09.24

GOOD ONE様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3754

2020.09.24

株式会社 リアルパートナー様、ロゴ作成ありがとうございました!

実績一覧を見る

お電話でのご相談ご依頼もOK!