チームロゴの作り方を知りたい!作成方法を紹介!

チームロゴはチームの方向性やイメージを決定づける重要なものです。それだけに印象に残るものを作りたいと思う人も多いでしょう。今回はそんなチームロゴの種類や作り方、作成時の注意点についてご紹介します。

目次

  1. チームロゴの作り方の前にロゴの種類を知ろう!
  2. チームロゴの考え方・作り方を紹介!
  3. ロゴの作り方の注意点

チームロゴの作り方の前にロゴの種類を知ろう!

チームロゴの作り方の前にロゴの種類を知ろう!

チームロゴには3つの種類があります。まずはどのような種類があるのか、それぞれの特徴を交えてみていきましょう。最近の傾向についてもあわせてご紹介します。

ロゴタイプ

1つ目はロゴタイプです。

例をあげると、パナソニックといえばブルーの英文字のロゴキャノンといえば赤字の英文字のロゴニコンといえば黒字の角張った斜体の英文字ロゴといった風にシンプルでいて、社名とイメージが浮かぶのがロゴタイプです。

想像の通り、文字で表現するシンプルなロゴです。従来は印刷用語として使用されていたもので、文字には社名やチーム名、チーム名などが使用されます。とにかく名前を覚えてもらいたいという場合に特におすすめです。

オリジナルの書体を作り出すのに似ていますが、シンプルなだけに難易度が高いのも特徴です。

シンボルマーク

2つ目はシンボルマークです。

例をあげると、リンゴマークのApple、親クロネコが子猫をくわえたイラストといえばヤマト運輸などがあります。イラストでイメージをあらわすのがシンボルマークです。

図案化されたイラストで表現されるロゴで、昔ながらの家紋も実はシンボルマークの一種です。シンボルは日本語で象徴と訳されますが、まさにそのマークや意匠によって会社やブランド、チームなどをあらわすのが特徴。視覚的なコミュニケーション活動、たとえば名刺や封筒、パンフレットといった印刷物、ホームページなどに使用されます。

ロゴマーク

3つ目はロゴマークです。

例をあげるならば、NTTやベネッセコーポレーション、ペプシなどがこれにあたります。

以前はロゴマークを利用する企業やブランドが一般的でした。最近では、シンプルにロゴタイプにする傾向が増えています。しかも大文字ロゴの堂々としたイメージのものではなく、小文字の表記のものが目立ってきています。一方シンボルマークは減少する傾向にあります。

前述した文字であらわすロゴと、図案化されたイラストであらわすシンボルマークが一つになったタイプです。文字とイラストの両方で表現できるので、バリエーションも豊富であり、さまざまな媒体に利用できます。さらに使用する媒体によって、シンボル部分だけ、ロゴ部分だけと使い分けができるのもメリットであり、多くの企業やブランドが採用しています。

チームロゴの考え方・作り方を紹介!

チームロゴの考え方・作り方を紹介!

では、いよいよオリジナルのチームロゴの考え方・作り方について、手順を追ってご紹介しましょう。

ロゴ作りの流れ

ロゴ作りは4つの段階に分かれています。

1.コンセプトを考える

ロゴは、それを見ることでこんなチームなのだろうなというイメージを沸かせるものである必要があります。

そのため「どんなイメージをもってもらいたいのか」を書き出すことからスタートしましょう。名詞でも形容詞でも構いませんので、まず言葉を書き出します。さらに書き出した言葉から連想する言葉を広げて書き出します。そこからこれという軸になるイメージを固めていきましょう。

イメージとなる言葉を出す際に、○○といえばという連想ゲーム的に言葉を出す方法もあります。たとえばサッカーであれば、青春、汗、試合、応援歌など、どんどん連想する言葉を広げて行き、そこからイメージを膨らませるとおもしろいものができやすくなります。

このときに、ターゲットとなる年齢層や男性、女性などがあれば、絞っておくとより明確にデザインしやすくなります。

2.手書きでスケッチ

次にイメージしたコンセプトをもとにロゴをスケッチしていきます。あくまでもこの段階では手書きでするのがポイントです。

丁寧に細部まで描く必要はありませんので、ラフな落書きで構いません。描いていくうちに、だんだんとイメージがかたまってくると思います。頭文字をあわせてシンボル化しやすいので、試してみてください。

3.パソコンでラフスケッチを取り込み、パターンを決める

手書きしたラフスケッチをパソコン内に取り込んで、パターンを決めます。スキャナがあればそれにこしたことはありませんが、スマホのカメラで撮影し取り込むのでも問題ありません。もし、イラストレーターをお持ちなのであれば、それでトレースすると簡単です。

いくつかパターンを決め、最終的にこれだ!というデザインを決めて行きますが、少しずつ形などを変えながら探っていけばいいので、一発で完成させる必要はありません。

ちなみに色は基本1色、多くても2色までにしましょう。シンプルで覚えてもらいやすくなります。

4.ロゴを決める

シンボル部分ができたら、今度は文字のロゴを作っていきましょう。書き出したロゴに合う書体をいくつか選んで作成し、最終的にイメージにあうものを選びます。既存の書体をアレンジして作るのもオリジナリティにあふれていいものです。

最後にシンボルマークとロゴを並べて、色合いや大きさなどのバランスを整えたらロゴマークの完成です。

自分で作るのは難しいと思う方は、文字を入力すればロゴを作ってくれるフリーソフトを利用する方法や、ロゴ制作会社などに依頼する方法もあります。イラストレーターなどソフトに不慣れな方などは、ロゴ制作会社に依頼することでイメージ通りの完成度の高いものが作られてきますよ。

漫画風 Thin

ロゴの作り方の注意点

ロゴの作り方の注意点

では最後にロゴを作成する際に注意点を2点ご紹介します。トラブルなどに巻き込まれないために、また長く愛されるロゴを作成するために知っておいてください。

ロゴの商標権と著作権に注意!

まず1点目は知らないとトラブルに巻き込まれる可能性もあるロゴの商標権と著作権です。

商標権とはロゴマークなどの登録した商標を独占的に使用することができる権利です。これは日本国内で登録した場合は国内のみに限定されます。商標登録をしてないと、後から似通ったロゴマークを商標登録されてしまい、自分たちが使用しているものの権利が奪われたり、逆に訴えられてしまうこともあります。そのため、ロゴマークなどは商標登録しておくことをおすすめします。

トラブルに巻き込まれないためにも、ロゴマークを作成する際にも自分たちが考えたロゴに似たものがすでに商標登録されていないかを調べておくことも大切です。

流行に惑わされない

2点目は流行に惑わされないロゴを作成することです。

今流行りだから、格好いいからという理由でロゴを作成してしまうと本末転倒となるばかりか、時代に合わせて変更する必要も生じます。ただし、ロゴは10年、20年と長く使用することでチームのイメージ付けを行う意味合いがあります。そのため、時代遅れになったからといって、そのつど変更していては、チームのイメージを植え付けることができません。


何度も頻繁に作り変えることができないからこそ、またイメージを定着させるために、シンプルで分かりやすいものを作ることをおすすめします。

 

必要に応じて選べる3つのオリジナルロゴ作成プラン

長年の運営経験から生まれたオリジナルプランの中から、お客様の状況に応じてお選びいただくことが可能です。

ロゴデザインプラン

  • 2案提案
  • 59,000
  • ご提案 約1週間後
  • キャンセル可能

筆文字ロゴ
デザインプラン

  • 2案提案
  • 69,000
  • ご提案 約1週間後
  • 料金先払い

キャラクター
デザインプラン

  • 2案提案
  • 79,000円~
  • ご提案 約10営業日後
  • 料金先払い

ロゴデザイン実績速報

掲載許可をいただいたロゴの中から厳選してご紹介!

L3751

2020.09.24

株式会社ウイック保険サービス様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3752

2020.09.24

株式会社地仙様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3753

2020.09.24

GOOD ONE様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3754

2020.09.24

株式会社 リアルパートナー様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3743

2020.09.23

株式会社J’s max様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3745

2020.09.23

A-Trust 税理士法人様、ロゴ作成ありがとうございました!

実績一覧を見る

お電話でのご相談ご依頼もOK!