企業ブランディングでロゴが重要になる理由

周りの企業を見てみると、ほとんどの企業がロゴマークを持っていますよね。自分も作らないといけないと漠然と思っていても、ロゴの必要性がいまいち分からず、作成を躊躇してしまう人も少なくありません。

ロゴの必要性を理解すれば、ロゴ作成のイメージも湧きやすくなります。ここでは、ロゴの役割やロゴ作成のポイントについて詳しくご紹介します。

目次

  1. ロゴが果たす役割
  2. ロゴを持つメリット
  3. 企業のブランディングにロゴは必要不可欠

ロゴが果たす役割

ロゴが果たす役割

多くの企業がロゴを持っているのは、ロゴには意味があるからです。飲食業であっても小売業であっても、ロゴを作成するのは、ロゴを作ったことによるメリットがあるからといえます。それでは、具体的にどのような役割を持っているのかをご紹介します。

認知度を高める

ファストフード店のマクドナルドや、コンビニエンスストアのセブンイレブンのロゴは、多くの人が目にしています。これを読んでいるあなたも、マクドナルドと聞くと黄色のMのロゴが思い浮かび、セブンイレブンと聞くと数字の7のロゴが思い浮かぶのではないでしょうか?

このように、人間は文字よりも絵や画像のほうが記憶に残りやすいという性質をもっています。人間のつくりとして、絵や画像は右脳で処理されるのですが、感情や直感も右脳が関係しています。そのため、商品やサービスの購入につなげるには、右脳に訴えかけるロゴがあるほうが有利なのです。

例えば、名刺を渡したとき、ロゴが付いている社名と、文字で社名のみが書かれている場合、ロゴがある社名のほうが記憶に残ります。仮に社名を忘れてしまっても、ロゴを見た瞬間に思い出すというケースは多いのです。

また、特徴的なロゴや、会社の特徴を上手く表現しているロゴを持つことで、幅広く知ってもらえるきっかけにもなります。

企業のブランディング

ブランディングという言葉を使うと、とても難しいことのように思えてしまいます。しかし、簡単な言葉に言い換えると、企業に対する共感を得ることや信頼感を持たれること、他者との違いを表すことです。

会社の理念や歴史、想いをロゴで表すことで、商談相手やお客様に自社のビジョンを理解してもらいやすくなります。ビジョンを共有することは、つながりをより強いものにするためにとても有効な手段です。

そして誰しも、どんな会社かよくわからないところで商品やサービスは購入したくないものです。商品やサービスを購入してもらうには、相手に信頼してもらうことが最も重要であるといえます。

ロゴを作ったからと言って、悪徳な商売をしていては信頼されないのは当たり前です。しかし、良い商品、サービスを提供していく中で、ロゴのない会社よりもしっかりと会社の想いが詰まったロゴを持っている会社のほうが、信頼性はアップするのです。

10年1万 Thin

ロゴを持つメリット

先ほど、ロゴが果たす役割でもご紹介したことにつながりますが、ロゴを持つことでたくさんのメリットがあります。有名な大企業であるNTTは、ロゴに1000万円かけているという話がありますが、ここまでお金をかけるのには、しっかりとした意味があるのです。

企業のイメージを形成できる

ロゴというのは、企業にとっての顔です。何をしている会社かひと目で分かるロゴや、会社の理念が表れているロゴ、インパクトがあるロゴは、企業のイメージの形成にとても役立ちます。

iPhoneを開発した会社であるAppleのロゴはリンゴのマークですが、Apple製品のことにあまり詳しくなくても、リンゴマークが付いている製品を見れば「Appleの純正品」とわかります。さらに「Appleだから安心」につながります。

一度信頼性がロゴにつくと、ロゴを見るだけで安心して利用してもらえることにもなるのです。

さらに、素人が作成したロゴとプロが作成したロゴとでは、プロが作成したしっかりと考え抜かれたロゴのほうが信頼できるという声がよく聞かれます。

お客様の印象に残りやすい

好感を持たれるロゴは、取引先に良いイメージを与えます。よく、第一印象が大事!身だしなみを整えなさいといわれますが、ロゴも同じです。

良いロゴを使うと、企業の価値を上げることにもつながります。企業が伝えたい印象を伝えることにも役立つのです。

さらに、企業の価値だけではなく、製品やサービスの価値を表すのにもロゴは役立ちます。ロゴを製品につけると、その製品のロゴを見た人が企業をイメージし、購入につながるのです。

人は、記憶にないものや知らないところの商品を買いたがらない傾向にあります。仮に、スタートしたばかりで社名がまだ浸透していなくても、ロゴが記憶に残っていれば購入してもらえるチャンスも増えるのです。

企業のブランディングにロゴは必要不可欠

企業のブランディングにロゴは必要不可欠

企業を知ってもらうため、覚えてもらうため、信頼してもらうためにロゴが必要不可欠なのは認識していただけたかと思います。

しかし、ロゴは適当に好き勝手に作れば良いというものではありません。一度作ると、長く使用していくロゴですから、しっかりと効果のあるロゴにするために、いくつか作成のポイントをご紹介します。

ロゴの活用法もご紹介しますので、効果的にロゴを利用してみましょう。

ロゴ作成のポイント

ロゴを作成するに当たって、名前の表記をどうするか考えなくてはいけません。会社の名前とブランド名が違う場合どちらを使用するのか、漢字を使うかローマ字や英語を使うか、ローマ字や英語の場合は大文字・小文字の配置をどうするのかということを細かく決定していきましょう。

そして、企業のイメージを視覚的に表現できているかということも重要です。例えば、高級志向でシンプルな商品を扱っている企業なのに、ポップで賑やかなロゴは企業のイメージを表現できているとは言えません。また、インポートブランドのジュエリーを扱っているのに筆文字で書いた漢字を使ったロゴも違和感があります。

企業のコンセプトをもう一度しっかり考えて再認識しておくことが、ロゴを作成するときに役立ちます。

さらに、作成しようとしているロゴが、ロゴとして機能できるかということも最も意識しなければならないポイントだといえるでしょう。

せっかくロゴを作っても、先ほどもご紹介したロゴの役割やメリットが発揮されなければ意味がありません。ひと目で伝えたいことを伝えられるデザイン、目を引くデザイン、好感が持てるデザイン、信頼を生み出せるデザインにすることが重要です。

ロゴの活用法

ロゴを作成したら、しっかりと有効活用しましょう。ロゴの活用法ですぐ思い浮かぶものと言えば、自社のホームページや名刺にロゴを入れることです。とくに名刺は、今後、たくさんの人へ渡すことになるので、名刺にロゴを入れることはとても有効な手段だといえます。

ノベルティグッズや会社案内、DM、カタログを作る予定があるなら、これらにもロゴを入れて活用しましょう。

また、最近ではほとんどの企業がSNSを活用しますが、SNSで使う写真をロゴにするのも効果的です。

人は、何回も繰り返し見るものを好きになるという傾向があるようです。そのため、人の目に触れるところには、どんどんロゴを活用することが重要だといえます。

せっかく素晴らしいロゴを作っても、人に見てもらわないと効果は発揮できません。請求書や納品書を入れて送る封筒にロゴを入れるのも良い使い方です。
 

必要に応じて選べる3つのオリジナルロゴ作成プラン

長年の運営経験から生まれたオリジナルプランの中から、お客様の状況に応じてお選びいただくことが可能です。

ロゴデザインプラン

  • 2案提案
  • 59,000
  • ご提案 約1週間後
  • キャンセル可能

筆文字ロゴ
デザインプラン

  • 2案提案
  • 69,000
  • ご提案 約1週間後
  • 料金先払い

キャラクター
デザインプラン

  • 2案提案
  • 79,000円~
  • ご提案 約10営業日後
  • 料金先払い

ロゴデザイン実績速報

掲載許可をいただいたロゴの中から厳選してご紹介!

L3751

2020.09.24

株式会社ウイック保険サービス様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3752

2020.09.24

株式会社地仙様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3753

2020.09.24

GOOD ONE様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3754

2020.09.24

株式会社 リアルパートナー様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3743

2020.09.23

株式会社J’s max様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3745

2020.09.23

A-Trust 税理士法人様、ロゴ作成ありがとうございました!

実績一覧を見る

お電話でのご相談ご依頼もOK!