ロゴ作成費の相場は? プロが教えるデザイン発注のポイント

ロゴを作ろうとするとき、気になるのは費用のことではないでしょうか? ロゴ作成の費用相場を知ることで、依頼するロゴ制作会社を選ぶ基準になります。ロゴ制作会社の費用を検索してみると、制作会社によってかなり値段に差があることがわかります。

なぜ値段に差があるのか、費用項目や制作過程について解説します。

目次

  1. ロゴ制作に必要な相場
  2. ロゴ制作の費用を左右するもの
  3. 個人と制作会社でロゴの相場は異なる

ロゴ制作に必要な相場

ロゴ制作に必要な相場

ロゴ制作にかかる費用は、依頼する相手が有名なデザイナーであることやロゴを使う媒体の規模によって付加価値がつくと費用は大きく跳ね上がります。

一般的なロゴの相場

ただ、一般的にロゴ制作にかかる費用は、ロゴの提案数によって変わります。提案数が1〜2案の場合は60,000円前後、一般的な相場といえるでしょう。またその後1案追加毎に10,000円〜20,000円追加されることが一般的です。

企業のロゴを作成する場合、そのロゴの使用規模によって、数十万円という費用がかかることもあります。これは、後にご紹介する付加価値料と呼ばれるものなのですが、大規模なキャンペーンに使用するロゴ制作を依頼した場合や、そのロゴを使う広告の規模によって左右されるのです。

ロゴ制作の費用項目

ロゴ制作にかかる費用は、いくつかの項目に分けて説明することができます。

1.作業料

デザインをするという労働に対してかかる費用で、デザイナーの平均年収÷12ヶ月÷月当たりの標準労働時間である165時間×2の計算式で出されるのが一般的です。このことから、年収が高いデザイナーが担当するとその分費用が上がるといえます。

2.ロゴの付加価値料

先ほども少し触れましたが、ロゴが持つ付加価値によってかかる費用で、制作者の能力や知名度、ロゴを使用する規模によって変わります。

ロゴ制作者の能力や知名度を表す数字のことを「質的指数」。ロゴの使用規模など、質的指数以外の付加価値を表す数字のことを「量的指数」と呼びます。質的指数+量的指数=付加価値料として計算されるのです。

3.支出経費

支出経費は、ロゴを制作するために制作会社にかかった経費のことで、営業費通信費などが挙げられます。

4.デザイン料

デザインをするということについて発生する費用で、デザイナーが情報を元にデザインを考える行為に対してかかります。

10年1万 Thin

ロゴ制作の費用を左右するもの

ロゴ制作の費用を左右するもの

ロゴ制作の費用を左右するのは、制作過程です。制作過程が複雑になればなるほど、人件費や労力がかかります。具体的にどのようなことで、ロゴ制作の費用が左右されているのかをご紹介します。

制作過程

ロゴにはさまざまな種類があります。当たり前ではありますが、キャラクターを作成する場合や筆文字など凝ったデザインの場合、シンプルな文字だけのロゴより値段が高くなることがあります。

提案数が多い場合も、提案数の数に応じて費用は上がります。提案数とは、最初に提示されるロゴの数のことで、提案数が多いほどさまざまなテイストのロゴを見ることができます。

そして、修正回数もロゴ制作の費用を大きく左右する要素です。修正とは、ヒアリングを元にしてデザイナーがデザインを考え、提案した段階で「もう少しこの部分を変えて欲しい」や「やっぱり色はこっちにして欲しい」というように、より自身が納得できるように直してもらう作業のこと。修正回数が多いほど労力や時間がかかるので、当然費用は上がります。

提案数や修正の回数など、自社がロゴ制作に出せる費用と折り合いをつけながら、慎重に決めていきましょう。

個人と制作会社でロゴの相場は異なる

個人と制作会社でロゴの相場は異なる

ロゴ制作は、個人に依頼する場合と制作会社に依頼する場合とでは、費用相場が異なります。それぞれの特徴をご紹介しますので、ロゴ制作会社の依頼先を決める際の参考にしてください。

個人の場合

最近では、フリーランスデザイナーの方も多く、さらにクラウドソーシングを通して、個人の方にも気軽にロゴ制作を依頼できるようになりました。

フリーランスなど、個人にロゴ制作を依頼する場合の費用相場は、企業に比べると安い印象もありますが、デザイナーによりバラバラです。フリーランスデザイナーとひとことで言っても、素人レベルのデザイナーから経験豊富なプロデザイナーまでピンキリで、20,000円〜30,000円といった安価なパターンもありますが、費用対効果が見込めるロゴなのか判断しにくいという問題点があります。

フリーランスにロゴ制作を依頼する場合、コンペ形式というロゴの依頼方法が主流ですが、この場合、ヒアリングをしてもらえることが少なく、自社の特徴や良さ、ロゴを通して伝えたいイメージなどが反映されないことが多いのです。またプロの意見を聞いて判断することが出来なくなってしまいます。初めてのロゴ選びに不安を持つ人には少し向いてないかもしれません。

ロゴを作る意味は、企業の顔として顧客に良い印象を持ってもらうことです。そして、一度作成したロゴは、何年も使い続けることでブランディングとしての効果を発揮します。そのことをもう一度よく考えて、費用面だけで決めることのないようにすることがポイントです。

制作会社の場合

ロゴ制作会社に依頼する場合の費用相場は、60,000円〜300,000円です。個人に頼む場合に比べて、制作会社に依頼すると相場はさまざまです。個人に頼んだ際の費用もかなり違うと感じる方もいるでしょう。個人との大きな違いは会社に頼むメリット部分に関係します。

ロゴ制作会社に依頼した場合の一番のメリットは、プロであることはまず保証されている点です。また著作権や商標登録などの法律関係も会社であれば安心です。

ロゴのデザインや色や会社イメージまで徹底的にこだわって作ってもらうことができ、オリジナリティーが高く、効果が期待できるロゴが完成する可能性が高いといえます。

制作会社にロゴを依頼する場合は、費用だけでなく、実績や対応の柔軟性なども視野に入れて選ぶことが、失敗しないロゴ制作のポイントです。

実績も、ただ数を見るだけでなく、どんな業種のロゴ作成をした実績が多いのか、自分の業種に合っているかも同時に確認することをおすすめします。

自分のイメージしているロゴに合う制作会社、自分が希望するメニューがある制作会社を選ぶことで、ロゴの持つ効果が十分に発揮でき、自身も納得できるものになるでしょう。

LOGO市ではお客様のイメージをカタチにしたロゴデザインを2案ご提案します。筆文字のプラン、キャラクターデザインのプランであってもまずは2案お出し可能です。ロゴデザインでお悩みの方はご連絡ください。

必要に応じて選べる3つのオリジナルロゴ作成プラン

長年の運営経験から生まれたオリジナルプランの中から、お客様の状況に応じてお選びいただくことが可能です。

ロゴデザインプラン

  • 2案提案
  • 59,000
  • ご提案 約1週間後
  • キャンセル可能

筆文字ロゴ
デザインプラン

  • 2案提案
  • 69,000
  • ご提案 約1週間後
  • 料金先払い

キャラクター
デザインプラン

  • 2案提案
  • 79,000円~
  • ご提案 約10営業日後
  • 料金先払い

関連記事

  1. ロゴデザインを個人に依頼すると相場はどうなる?

    ロゴ作成「デザイン費」の相場は?

    起業、新商品、新設のサークルなど、新しく何かをはじめる際に作成する「ロゴ」。はたして、ロゴ作成...

ロゴデザイン実績速報

掲載許可をいただいたロゴの中から厳選してご紹介!

L3923

2020.12.04

lrie+様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3925

2020.12.04

株式会社サグラダ様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3916

2020.12.04

スリーランドシーフーズ株式会社様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3921

2020.12.04

有限会社渡辺鉄工様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3919

2020.12.03

株式会社 立川電機様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3922

2020.12.03

株式会社 アクセルスタート様、ロゴ作成ありがとうございました!

実績一覧を見る

お電話でのご相談ご依頼もOK!