ロゴを作成するならまずコンセプトから!重要性やポイントを紹介

起業にともなって必要となるロゴですが、そのロゴを作成する際に考えるべきなのがコンセプトです。会社のトレードマークとなるロゴですが、好みのマークを作ってロゴにすればいいという単純な発想で決めてしまうと、アピール力に欠けるロゴとなってしまうでしょう。ロゴを作成する際は、まずはコンセプトを決め、それに沿ったロゴを作成することが重要です。ここでは、ロゴのコンセプトの重要性やコンセプトを決める際のポイントについて解説していきます。

目次

  1. ロゴのコンセプトの重要性
  2. ロゴのコンセプトの考え方
  3. ロゴコンセプトシート(マニュアル)
  4. まとめ

ロゴのコンセプトの重要性

ロゴのコンセプトの重要性

インパクトのあるロゴは、コンセプトを設定した上で作成されています。ロゴを作成する際にコンセプトが設定されているかどうかは、そのロゴが意味あるものとなるかどうかに関わるため、とても重要なことです。

ロゴのコンセプトとは

ロゴにコンセプトがあると、そのロゴに意味を持たせることができます。

ロゴを見ると、多くの人は「どんな意味があるんだろう?」と考えます。パッと見ただけですぐに意味が分かるロゴもあれば、説明を受けて初めて、そのロゴの持つ深い意味を知ったということもあるでしょう。

しかし、素敵に見えるロゴでも、「何の意味があるのか?」と尋ねたときに、「とくに意味はない」とか「ただ、形が気に入ったから」といった返答だったら、少し残念な気もしてきます。

尋ねた人は、「な~んだ。とくに意味はないのか・・・」と、そのロゴに興味を失うでしょう。

通常、ロゴのコンセプトは、企業理念や想い、特徴などをもとに決められます。ロゴを作成する前にコンセプトを考えておけば、コンセプトに合ったロゴを作ることができます。

 ロゴにコンセプトはとても重要

ロゴは、いわば会社の自己紹介の方法のひとつのようなものです。多くの人は、ロゴを見ただけで、どんな企業なのかが分かります。

ロゴにコンセプトがあれば、それによってメッセージを発信できますし、そのロゴが持つ意味について説明することができるでしょう。なので、ロゴにコンセプトはとても重要なものなのです。

世界一のECサイトであるAmazon(アマゾン)のロゴを例に、コンセプトの重要性を考えてみましょう。アマゾンのロゴはaからzに矢印が伸びていて、その矢印がにっこり笑った口を表現しています。

アルファベットの最初と最後の文字であるaからzまで矢印が伸びていることは、すべての商品が揃っていることを表しています。

そして、にっこり笑った口を表現している矢印は、アマゾンの商品に顧客が満足して欲しいという思いが込められているのではないでしょうか。

シンプルなロゴには、アマゾンの企業理念や想い、特徴がすべて詰め込まれています。ロゴを作る際に目指すのは、シンプルでありつつもコンセプトをしっかりと伝えることができるということです。

ロゴのコンセプトの考え方

ロゴのコンセプトの考え方

会社の理念や想いなどをロゴに込めることで、ロゴに意味を持たせることができます。ロゴのコンセプトになるのが会社の理念や想いであれば、ロゴの持つ意味を興味深く語ることもできるでしょう。 

どういう企業か考える

会社の理念や想いがロゴのコンセプトに繋がっていきます。ですから、コンセプトを考える際には、会社が何を大切にしているのかじっくりと考えましょう。起業したときの理由や会社をどう発展させていきたいかなどもコンセプトのヒントになります。

また、会社はどの業態に属しているか、どんな商品・サービスを扱っているか、メインターゲットは誰か、価格帯は高いか低いかなど、できるだけ深く考えるようにしましょう。

どういう企業なのかを文字として書き出していくと、ロゴのコンセプトも決めやすくなってきます。

ロゴのコンセプトは一言で言い切れるくらいの簡潔な言葉にできたらベストです。もちろん、その一言は会社のオリジナリティが詰まったものにならなければならないので、考えるのは簡単ではありません。

注意ポイント

ロゴはコンセプトを決めた上で作成するものです。しかし、コンセプトが明確にならないうちにロゴを決めてしまうと、コンセプトが後付けになってしまうということもあります。

後付けでもコンセプトがあることは、コンセプトがないよりもマシに思えるかもしれません。しかし、コンセプトのあるロゴと比べると、ロゴ自体に説得力のないものとなる可能性は否定できないでしょう。

また、ロゴのコンセプトが、ただの説明になってしまっているという場合も同様です。単に「このロゴには、このような意味があります」というだけでは、ロゴ自体が見る人にとって訴えるものとはなりません。

なので、コンセプトを決めた上でロゴを作り始めるようにしましょう。作ったロゴに対する反応が薄いように思えたとしても、コンセプトをしっかり説明することで、そのロゴが魅力的に見えてくるということはよくあることです。

ロゴコンセプトシート(マニュアル)

ロゴコンセプトシート(マニュアル)

ロゴを作成するときには、コンセプトシート(マニュアル)も同時進行で作っておくとよいでしょう。コンセプトシートを作るということは、ロゴのコンセプトを言語化するということなので、はっきりとコンセプトを他者に伝えることができます。

ロゴコンセプトシート(マニュアル)とは

ロゴを作成する他社に理解してもらうため、ロゴに関する情報を整理したものがロゴコンセプトシートです。

会社が順調に発展していくと、起業当時に作ったロゴを何十年も使っていくという可能性は十分にあります。

また、当初は名刺や看板にだけ使用していたロゴが、会社の発展とともに封筒や袋、パンフレットなどにも使われるようになるかもしれません。

将来的にさまざまな媒体で使用される可能性もあることを考えると、ロゴを作ったときのコンセプトを文面にして残しておくことが大切になります。

ロゴコンセプトシートを作っておくと、ロゴを作ってから何年か経ったあとに新たな媒体でロゴを使用することになっても、コンセプトのズレを抑えることができます。

さまざまな媒体でロゴが使用されるとしても、ロゴコンセプトシートがしっかりしていると、統一感が生まれ、ブランドとしての信頼感に繋がっていきます。

 具体的にどのようなものか

ロゴコンセプトシートを作るうえで最も意識すべきなのが、誰もが理解できるように書くということです。そのロゴコンセプトシートを参考にすれば、誰でもがロゴを作った人と同じ感覚を共有できるというのが理想です。

具体的に、どんな情報をロゴコンセプトシートに載せる必要があるでしょうか?まずは、そのロゴのコンセプトを記入します。コンセプトは一言で表現できた方が、イメージを共有しやすくなるでしょう。

また、ロゴを使用する商品やサービスのターゲットとなるのは誰なのか、年齢・性別・職業など詳しく記入していきます。

さらに、ロゴの基本の形、カラー、サイズ、書体などについても説明しておきましょう。どのくらいのサイズまでであればロゴがはっきり認識できるのかなども確認しておいて、コンセプトシートに記入しておきます。

言葉だけではイメージを十分に伝えられないと感じる場合は、ロゴの持つイメージに似た写真を何種類か添付しておくとよいでしょう。

まとめ

ロゴを作成するにあたって、コンセプトをしっかり固めておくことを重要です。企業理念や想い、特徴などをもとにコンセプトを決めてからロゴを作ると、そのロゴからメッセージを発信することができます。会社が何を大切にしているか、どんな商品・サービスを扱っているかなど、様々な要素を深く掘り下げていくことでコンセプトを決めることができるようになるでしょう。ロゴを作る際には、ロゴコンセプトシートも併せて作るようにおすすめします。コンセプトシートを作っておくと、10年経ってもロゴの統一感を損なうことなく、さまざまな媒体でロゴを使用することができるからです。

ロゴを作成するならまずコンセプトから!重要性やポイントを紹介

人気記事ランキング

  1. ホームページで集客効果が倍増!大切な事前準備5つのポイント

    ホームページで集客効果が倍増!大切な事前準備5つのポイント

    • 集客
    • ホームページ
  2. 初心者でもこれさえ読めばできる!ロゴ作成のコツと注意点をご紹介

    初心者でもこれさえ読めばできる!ロゴ作成のコツと注意点をご紹介

    • ロゴ
    • コツ
  3. 企業ホームページ作成を業者に依頼する前に準備すべき7つのこと

    企業ホームページ作成を業者に依頼する前に準備すべき7つのこと

    • ホームページ
    • 企業
  4. 素敵なロゴ作成の色の組み合わせとは!

    素敵なロゴ作成の色の組み合わせとは!

    • ロゴ
  5. 会社設立前に必ず準備しておきたい9項目を解説!会社名・事業目的の決定など

    会社設立前に必ず準備しておきたい9項目を解説!会社名・事業目的の決定など

    • 設立
    • 会社
    • 準備

必要に応じて選べる3つのオリジナルロゴ作成プラン

長年の運営経験から生まれたオリジナルプランの中から、お客様の状況に応じてお選びいただくことが可能です。

ロゴデザインプラン

  • 2案提案
  • 59,000
  • ご提案 約1週間後
  • キャンセル可能

筆文字ロゴ
デザインプラン

  • 2案提案
  • 69,000
  • ご提案 約1週間後
  • 料金先払い

キャラクター
デザインプラン

  • 2案提案
  • 79,000円~
  • ご提案 約10営業日後
  • 料金先払い

ロゴデザイン実績速報

掲載許可をいただいたロゴの中から厳選してご紹介!

L3274

2019.12.12

SUNTRAP様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3271

2019.12.12

JATC様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3272

2019.12.12

イブキ産業様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3269

2019.12.10

Nails ally様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3267

2019.12.09

SPI株式会社様、ロゴ作成ありがとうございました!

 L3268

2019.12.09

笠原電機株式会社様、ロゴ作成ありがとうございました!

実績一覧を見る

お電話でのご相談ご依頼もOK!