あの有名な会社のロゴに込められた意味とは?良いロゴを作るためのコツも紹介

会社のロゴには、各社それぞれ「想い」が込められています。ロゴを見ただけで会社の良さやイメージが伝わるロゴ、好感を持てるロゴが良いロゴの特徴です。

有名企業のロゴに込められた意味を知ることで、ロゴ作成時の参考になりますし、自社の伝えたい想いを再確認することができます。

良いロゴを作るために、今一度「良いロゴ」という意味を考え、自社のロゴ作成の参考にしてください。

目次

  1. あの会社のロゴに込められた意味
  2. 良いロゴに共通しているもの
  3. 良いロゴを作るためには
  4. まとめ

あの会社のロゴに込められた意味

あなたもそうであるように、小さな会社でも有名な大企業でも何らかの「想い」があって誕生しています。ロゴというのは、なんとなく作られているわけではなく、意味や想いが込められて作られていることが多く、意味や想いが込められているロゴこそ、その会社にとって大きな利益を生むことにつながっています。

ここでは、誰もが知っているあの会社に込められた意味をご紹介します。

Apple

iPhoneで有名なAppleのロゴといえば、少しかじられた跡のあるリンゴですが、創業当初のロゴは、ニュートンがリンゴの木に寄り掛かりながら読書をしているというものでした。

しかし、絵が複雑でロゴとしてはわかりにくかったので、翌年には今と同じシンプルなかじられた跡があるリンゴのロゴになっています。色を変えるなどのマイナーチェンジは繰り返されていますが、リンゴの形は変わっていません。

西洋では、アダムとイブが知恵の実であるリンゴを食べたという話がある特別なものであり、リンゴが落ちることから万有引力を発見したニュートンのエピソードも相まって、リンゴは知恵の象徴として知られています。

Appleはコンピューターの会社なので、コンピューターの最小単位であるByteと英語でかじるという意味であるBiteをかけたロゴになっているのです。

ペプシ

ペプシのロゴには、「グローブ」という名前が付いており、「世界」という意味が込められています。ペプシコーラが世界中の人に親しまれるようにという想いが込められたロゴです。

2008年には、数億円かけてロゴをマイナーチェンジしていますが、風水やルネサンス、地球ダイナモ理論、相対性理論を用いてより人々を魅了するロゴへと変更したといわれています。

Google

Googleのロゴは、カラフルな文字が印象的ですが、最初の3文字が三原色の青赤黄、後ろの3文字は青緑黃となっています。なぜ急に緑?と思ってしまうのですが、これには、規則性に縛られないという意味が込められているのです。

スターバックス

スターバックスのロゴは、ギリシャ神話に出てくるseirenという人魚がモチーフです。seirenには、美しい歌声で船乗りを惑わせるという伝説があります。

16世紀の木版画を商標にしたもので、創業当初は全身がロゴに描かれていましたが、裸の女性に見えるという理由で、現在のシンプルなロゴに変更されました。

ナイキ

ナイキのロゴには「スウッシュ」という名前がついており、ナイキという社名の由来となった勝利の女神、ニーケの翼がモチーフです。スポーツメーカーらしく、勢いよく動くという意味が込められており、ロゴの形状からは、躍動感とスピード感が伝わります。

Amazon

Amazonのロゴは、amazonという文字の下に笑顔にも見える矢印マークが付いていますが、このロゴには、2つの意味が込められています。

1つ目の意味は、矢印をニコっと笑ったようにデザインすることで顧客満足度やお客様を幸せにするということを表現。

2つ目の意味は、矢印が「A」から「Z」を指すことで、なんでも揃うお店を表しています。

良いロゴに共通しているもの

良いロゴに共通しているもの

好感が持てて人の記憶に残る良いロゴには、いくつかの共通点が存在します。これらの共通点を踏まえてロゴを作成すると、「存在を覚えてもらうことができる良いロゴ」を作ることが可能です。

シンプル

成功している有名企業の多くのロゴは、とてもシンプルな作りをしています。太い線ですっきりとまとめられています。

ごちゃごちゃとした複雑なものよりも、おしゃれで洗練された印象を与えることができるのです。

覚えやすい

覚えやすいロゴというのは、先ほどご紹介したシンプルであるということにもつながります。わかりやすくシンプルなロゴは、見る人にインパクトを与え記憶に残ります。

人の記憶に残るということは、ロゴの役割として大変大きなもので、記憶に残るからこそ、思い出してもらえるからこそ、会社の利益につながるのです。

独創性がある

ロゴ制作をする上で最も気をつけたいポイントは、競合している会社と間違われてしまうようなロゴを作成してしまうことです。

はっきりと自分の商品やサービスを示すために、オリジナリティーが高いロゴを制作しましょう。

ブランド力

ロゴは、SNSやホームページをはじめ、名刺や看板などにも使用する、いわば会社の顔ともいえる大事なものです。

さまざまな場所で使用され、人の目に触れることを考えて、圧倒的な存在感を発揮できるブランド力の高いロゴを作成しましょう。

親しみやすい

誰にとっても親しみやすいロゴは、記憶に残るだけでなく安心して商品やサービスを購入してもらえるきっかけとなります。

第一印象で親しみやすさを感じてもらえれば、企業の信頼度が上がれば上がるほど、ロゴの持つ安心感はさらにアップします。

良いロゴを作るためには

良いロゴを作るためには

良いロゴは、サービスや商品の印象を良くするほかに、サービスや商品を手にとってもらう頻度をも上げることができるほど、会社にとって有益なものとなります。

ここでは、良いロゴを作るためのポイントをまとめました。

コンセプトを考える

まずは、ロゴを通して何を伝えたいかというブレないコンセプトを考えることが重要です。会社の理念や方針はしっかりと考えられているか、ロゴを通して伝えたい想いやメッセージは何かを細かく考えて、ロゴ制作会社に伝えることでロゴに反映されやすくなります。

会社のイメージカラーも決めておくと良いでしょう。色が与える人への心理効果は絶大です。イメージカラーが定着すれば、色を見るだけで商品やサービスを思い出してもらえるきっかけになります。

コンセプトが定まっていない状態でロゴを作ってしまうと、何の意味も持たないただの記号となってしまいます。

ロゴの効果を最大限に発揮するためには、ブレないコンセプト作りが重要なのです。

具体的な形に落とし込む

コンセプトが固まったら、実際にアウトプットしていきます。手書きで大雑把なイメージや絵を書いてロゴ制作会社に提出しても良いですし、出したい特徴やイメージ、色、想いなどを細かくロゴ制作会社に文章や口頭で伝えることが大切です。

どれだけ細かくコンセプトを伝えられるかで、ロゴの仕上がりが変わります。どんなに腕の良いデザイナーに依頼しても、コンセプトを上手く伝えられなければ想いを形にすることは難しいでしょう。

さらに、イメージしているデザインが、ほかの会社のロゴとかぶっていないかも調査する必要があります。先ほども、オリジナリティーが大事とご紹介しましたが、ほかの会社と似たようなロゴを作ってしまうと、自社の商品であることを間違えられる可能性がありますし、商標権侵害をしてしまう恐れがあります。

そして、流行にとらわれないデザインのロゴであるかも重要です。ロゴは一度作ると何年も何十年も利用することになります。流行にとらわれずいつの時代でも馴染むロゴを考えましょう。

まとめ

ロゴは、会社の顔になるとても重要なものなので、さまざまな場面で何年も使用することを想定して作らなければなりません。「ダメなら作り変えればいい」と思うかもしれませんが、新しいロゴを認知してもらうために、また長い時間が必要となります。

創業時に良いロゴを作っておくことで、企業の認知度やイメージを定着させることができ、それが会社の利益にもつながります。ここで紹介したポイントや有名企業のロゴに込めた想いを参考にして良いロゴを作ってください。

あの有名な会社のロゴに込められた意味とは?良いロゴを作るためのコツも紹介

人気記事ランキング

  1. ホームページで集客効果が倍増!大切な事前準備5つのポイント

    ホームページで集客効果が倍増!大切な事前準備5つのポイント

    • 集客
    • ホームページ
  2. 初心者でもこれさえ読めばできる!ロゴ作成のコツと注意点をご紹介

    初心者でもこれさえ読めばできる!ロゴ作成のコツと注意点をご紹介

    • ロゴ
    • コツ
  3. 企業ホームページ作成を業者に依頼する前に準備すべき7つのこと

    企業ホームページ作成を業者に依頼する前に準備すべき7つのこと

    • ホームページ
    • 企業
  4. 素敵なロゴ作成の色の組み合わせとは!

    素敵なロゴ作成の色の組み合わせとは!

    • ロゴ
  5. 会社設立前に必ず準備しておきたい9項目を解説!会社名・事業目的の決定など

    会社設立前に必ず準備しておきたい9項目を解説!会社名・事業目的の決定など

    • 設立
    • 会社
    • 準備

必要に応じて選べる3つのオリジナルロゴ作成プラン

長年の運営経験から生まれたオリジナルプランの中から、お客様の状況に応じてお選びいただくことが可能です。

ロゴデザインプラン

  • 2案提案
  • 54000
  • ご提案 約1週間後
  • キャンセル可能

筆文字ロゴ
デザインプラン

  • 2案提案
  • 64000
  • ご提案 約1週間後
  • 料金先払い

キャラクター
デザインプラン

  • 2案提案
  • 74000円~
  • ご提案 約10営業日後
  • 料金先払い

※表示料金は全て税別表示です。

ロゴデザイン実績速報

掲載許可をいただいたロゴの中から厳選してご紹介!

L3103

2019.08.23

enie様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3092

2019.08.21

税理士法人グローウィズ様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3082

2019.08.16

Atelier CHAR ARTS様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3107

2019.08.16

原田史子法律事務所様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3108

2019.08.16

株式会社 新商様、ロゴ作成ありがとうございました!

L3096

2019.08.16

Sorayu様、ロゴ作成ありがとうございました!

実績一覧を見る

お電話でのご相談ご依頼もOK!